途上管理業務 -業務プロセシング

与信リスクを低減するには、
(1)与信枠を定期的に見直し適正化を図ること
(2)個々の取引におけるオーソリゼーションを適切に行うこと
この2つが柱になります。
Qubitous の途上管理システム“VICA”では、途上管理業務をシステム化することで、業務の効率化と安定化を図ります。
また、個々の取引におけるオーソリゼーションは、2008年3月にカットオーバーした日本最大級のオーソリシステム“AURORA”にて、迅速・堅確・安定的に処理を行います。さらに、AURORAと連動する不正使用検知システム“CITRIN”にて、不審な取引のモニタリングを行い、不正使用を防止します。
この他、 Visa ,MasterCard等の国際ブランドとの間の各種業務等にも対応いたします。

途上与信管理

途上与信管理はQubitousにお任せ下さい

メリット1 従来のリスク管理のための審査ロジックに、収益ロジックを加え、優良顧客の拡大も視野に入れた審査を行います。クライアント企業様の事業戦略に応じたロジックのカスタマイズも可能です。
メリット2 貸金業法改定に伴い導入される「総量規制」では、定期的な途上与信管理が要求されます。この調査業務を極力自動化することで、クライアント企業様での対応負担を大きく軽減します。
メリット3 調査結果に従い、「利用停止」「与信枠の引下げ」を行うだけでなく、継続的にフォローし、年収増加・所得証明書取得等に伴う「利用停止解除」「与信枠の復活」にも対応することで、利用機会の喪失を防ぎます。

--------------

オーソリゼーション・不正使用検知

オーソリゼーション・不正使用検知はQubitousにお任せ下さい

メリット1 当社が(株)オリエントコーポレーション、(株)クレディセゾンと共同構築を行った日本最大級のオーソリゼーションシステム“AURORA”を、2008年3月にリリースしました。
メリット2 “AURORA”は、汎用性のある業務仕様を実装しており、クライアント企業様のご要望に幅広くお応えします。
メリット3 不正使用検知業務においては、既存クライアント企業様のお客様数千万人分の取引モニタリングを行っており、その経験を検知ルールや検知モデルに蓄積しています。また、クライアント企業様の事業戦略に応じたルールのカスタマイズも可能です。
メリット4 不審な取引を発見した場合は、即座に、専属オペレータによりご本人様のご利用であるかを確認をさせていただきます。