企業理念 -会社情報

カードビジネス事業領域は、「イシュア事業」「アクワイアラ事業」「プロセシング事業」に大きく分類されます。
「イシュア事業」は、カード発行主体となり、会員の獲得やカードの利用を増やすために様々なサービスを提供する業務。カードが使えるお店を開拓し、利用分野の拡大を図っていくのが「アクワイアラ事業」。「プロセシング事業」は、「イシュア事業」「アクワイアラ事業」に伴う入会登録、会員が加盟店でカードを利用した際の売上から決済、お問合せ等の一連の処理を行う業務。カード市場拡大による処理業務量の増加や多様化する顧客ニーズに伴い、プロセシング業務のアウトソーシングニーズが高まっています。

このような背景の中、2007年10月、クレジットビジネスのインフラを支える専業プロセッサーとして「株式会社キュービタス」が設立されました。キュービタスはクレジット事業に限らず、幅広い多様なニーズに対応することのできる「質量ともにNo.1の総合プロセシングカンパニー」を目指します。

企業理念 質量ともにNo.1の総合プロセシングカンパニー

企業理念を具現化する5つのキーワード

『ローコストオペレーションこそが、品質を高める最良の施策であり、イノベーションである』の考えに基づき、徹底的なローコスト化の実現を通して、クライアント企業様に高品質なオペレーションをご提供します。

当社が提供するオペレーション業務は、クライアント企業様のお客様であるエンドユーザーと接する最前線。現場の徹底した顧客視点により、エンドユーザーからクライアント企業様の支持・信頼を勝ち取ります。

当社設立の母体である(株)クレディセゾン・ユーシーカード(株)から継承したクレジットカード事業を基盤としつつ、早期のグループ再編により、他社に先駆けたカード以外決済マーケットへの取り組みと、保有リソースを最大限活用した新規事業の育成に努めます。

当社の戦略的事業パートナーである(株)クレディセゾン・ユーシーカード(株)・(株)みずほ銀行と協働し、クライアント企業様と互いに利益を享受できるWin-Winの関係構築を実現します。

(株)クレディセゾン・ユーシーカード(株)の異なる2つのDNAの長所を引き継ぎながら、創造と変革を続け、顧客視点と営業マインドを兼ね備えたイノベーションマインド“キュービタスDNA”をもってクライアント企業様のご要望にお応えいたします。

「キュービタス」とは・・・ 量子コンピュータの計算単位である「キュービット」(quantum bit)と「いつでもどこでも繋がる」という意味のラテン語「ユビキタス」が由来で、コンピュータと人が融合して高品質のサービスを提供する当社のイメージを表しています。